違い説明

和紙と洋紙の違い

材料

和紙→主に楮、みつまた、雁皮などの木の皮

洋紙→木材パルプと言われる木の中を含む全体

価格

和紙→コストがかかってしまうため高価

洋紙→機械で大量生産できるため安価

性質・強度

和紙→弱アルカリまたは中性紙であるため酸化しにくい分、物持ちが良い。

また繊維が太く長いため強度が高い。

洋紙→酸性紙であるため酸化しやすく劣化が和紙と比べて早い。

繊維も和紙の原料と比べ繊維が細く短いため強度は劣る。

 

流し漉きと溜め漉きの違い

大半の和紙は流し漉きの手法をとっている。

手法の基本的な違いは、水漏れの調整を

流し漉き→ネリで調整

溜め漉き→叩解度で調整

ですることである。