後継者事業

遠野和紙の抱える問題

平成22年度に瀬谷家が廃業した後は、

磐城手業の会の会員による継承のみとなり

遠野和紙は現在、後継者そして人手不足の状態です。

ボランティアの方々の高齢化も進んでいます。

市の後継者事業

いわき市は平成27年度から「地域おこし協力隊」の制度を活用し、

現在2名の方が技術継承に励んでいます。

5280472cdda71e5f48738c64ccdf62ae

ボランティアの募集

遠野和紙の継承事業に関するお問い合わせは、

遠野支所(℡ 0246-89-2111)までご連絡ください。